店舗の業務効率を上げよう【POSシステムを導入するメリットとは】

お会計で目にするあの機械

レジ

基本的な知識と活用法

お店で会計をする時に、必ずと言っていいほど目にする機械があります。通称はレジと呼ばれていますが、正式には「キャッシュレジスター」と言います。ここでは、レジに関する基本的な知識と活用法についてお教えします。元来のレジの機能は、手で打ち込んだ売上の記録を端末機に登録し、ジャーナルに印字するのみで、釣銭を出すとか、顧客向けのレシートを出すといった機能は後で付けられた付加機能です。現在では、こうした付加機能がたくさん付いています。さて、現在のレジではネットワークと接続することにより、商品の集計が瞬時に把握できるようになりました。このシステムが「POS機能」です。どのような商品が何時何分にいくつ売れたのかが瞬時に把握できるため、マーケティングで大いに活用することができます。中には、わかりやすいようにすぐにグラフなどのわかりやすい表記で画面に表してくれる端末もあります。また、最近のレジでは専用端末機とタブレット端末機の2種類があり、従来からある専用端末機では複雑なデータの処理をスムーズに行えます。最近登場したタブレット端末機では費用が安く、シンプルでわかりやすいという点がそれぞれ評価されています。レジにも様々な種類の端末があるので、お店に合ったものを選び、活用していくことが肝要です。スムーズに集計処理などができれば、その分の空いた時間を他のことに費やすことが出来、作業効率が大幅にアップすることにもつながるからです。当初はシンプルな機能しか付いていなかったレジですが、現在では現金のみならず、クレジットカードや電子マネーでの決済機能がつき、機能の充実によってお店としても効率がアップしています。今、マーケティングが盛んなのも、レジに様々な便利な機能が付いたおかげでもあります。これを更に活用すれば、ビジネスもきっと盛り上がるはずです。